少林寺拳法部
少林寺拳法部

【部員数】
3年生:男子3名 女子2名 
     2年生:男子8名 女子2名
                  1年生:男子8名   女子3名 計26名(R1年6月現在)

【活動日】 月火木金土の週5日 水曜、日曜は原則OFF。
     (但し、大会・合同練習・昇級・昇段審査が入る場合有り)

     時間:16:00~19:00(土は9:00~12:00)

顧問】
  原 淳一 (保健体育) 中拳士 三段
【副顧問】 
内田 智之 (理科)   正拳士 四段

      明戸 冬華 (国語)   准拳士 初段
【主将】  浅見 涼  (第23代)  准拳士 初段


      清水 里珠 (第23代)  准拳士 初段

【副将】  古川 啓志 (第23代)  准拳士 初段

      鈴木 千晴 (第23代)  准拳士 初段

【主務】  関本 圭悟 (第23代)  准拳士 初段

【活動実績】

 ◆平成31年度・令和元年度

 

 ◆平成30年度
  ・平成30年度学校総合大会第29回埼玉県高等学校少林寺拳法大会
   (6/24 埼玉県立いずみ高等学校)
  女子単独演武
  3位 比嘉汐音
 ◆平成29年度
  ・平成29年度第21回埼玉県少林寺拳法新人大会
   (11/23 埼玉県立岩槻北陵高等学校)
  
男子自由組演武
  4位 関本真吾  上原康生 
  男子規定単独演武
  11位 菊池亮輝
  男子自由単独演武
  8位 深作建太
  女子規定組演武 
  1位 大濵涼花  田中由衣
  女子自由単独演武
  2位 比嘉汐音
  男子団体演武 3位 

  ・平成29年度学校総合体育大会少林寺拳法競技大会
   (8/5~8/7 宮城県塩釜ガス体育館)
  男子組演武
  9位 高橋 龍二  町田 拓海

  女子単独演武
  10位 工藤 李華
  女子団体演武 11位

  ・平成29年度学校総合大会第28回埼玉県高等学校少林寺拳法大会

   (6/24 埼玉県立いずみ高等学校)
  男子組演武
  1位 高
橋龍二  町田拓海
  6位 黒田大輝  塙 悠矢
  女子組演武
  3位 上田あみり 髙橋真琴
  4位 浅見咲希  堀越菜穂子
  女子単独演武
  1位 工藤李華
  男子団体演武 2位
  女子団体演武 1位



【部長の言葉】
 「半ばは 自己(わがみ)の幸せを 半ばは 他人(ひと)
の幸せを…」
 少林寺拳法の理念です。
 少林寺拳法は非常に有効な護身術で、優れた対人徒手格闘技術です。
 しかし、ただ強くなることのみが本道ではありません。
 少林寺拳法の本当の目的は、挙技を通じて、
 「自分自身を大
切にし、他人の幸せのために行動できる」、
 つまり、社会貢
献ができる人づくりです。
 まずは、ケンカに強くなりたい。格闘技をやってみたいでもOKです。
 やる気のある方、男女は問いません。
女子拳士も沢山います。
 共に少林寺拳法を修行しましょう。
 
環境

 【環境】

             
       道場(格技場2階)           柔法マット(7m×7mも完備)
     7m×7mの試合場が2面あります。        安全に投げ技、受け身の練習ができます。


             
         防具類も充実しています。             サンドバックも有。

 
                      
           少林寺拳法本部 金剛禅総本山少林寺境内 
                         (開祖像前にて 2013.3.22)


活動報告

少林寺拳法部

第22回 関東高等学校少林寺拳法選抜大会(速報)

活動報告

12月22日 第22回 関東高等学校少林寺拳法選抜大会(茨城・県立武道館)


          男子規定組演武  杉田涼斗・中後凱斗 1位

          女子規定組演武  栗島 意・嶋田佳凜 4位

          男子自由組演武  関本圭悟・古川啓志 4位

                   浅見 涼・浅見俊輔 6位

          男子規定単独演武  新家谷 優    3位

          女子規定単独演武  比嘉 琉音    6位

          男子団体演武             3位 

 

先日行われた結果の速報です。以上のメンバーが入賞を果たしました!

また、入賞は惜しくも逃しましたが女子自由組演武も3月に行われる全国選抜大会の出場権を獲得しました。

つまり、関東大会に出場した選手は見事、香川県で行われる全国選抜大会に出場することが決まりました!

 

新人大会後の過密スケジュールの中、自分たちで時間を見つけ、朝練やテスト期間中の自主練を取り組んでいた成果が出たのかな、と思います。しかし、本人達も今回の演武に満足しておらず、実力を発揮しきれなかった選手も多くいます。ある意味、その雪辱を果たすのが次の大会です!

残念ながら関東出場できなかった選手も、出場した選手の経験を受け、より一層奮起して、

小川高校少林寺拳法部一丸で頑張っていきたいと思います!

また、応援に駆けつけて下さった保護者の皆さま本当にありがとうございました。

少林寺拳法部 活動報告

2019年度 活動報告(12月現在)

10月6日 県北大会

11月2日 昇級審査(埼玉・いずみ高校)
       4級合格…11名

11月3日 昇段審査(千葉・船橋アリーナ)

       初段合格…10名

11月10日 富士見市大会

11月24日 埼玉県高等学校少林寺拳法大会 新人大会(埼玉・県立武道館)    
       男子規定組演武  中後凱斗・杉田涼斗 1位  
       男子規定単独演武 新家谷優      3位   
       男子自由組演武  関本圭悟・古川啓志 1位
                浅見 涼・浅見俊輔 2位            
       男子団体演武             2位

       女子自由組演武  清水里珠・鈴木千晴 2位
       女子規定組演武  栗島 意・嶋田佳凛 1位
       女子規定単独演武 比嘉琉音      2位

<今後の予定>

12月22日 関東高等学校少林寺拳法選抜大会(茨城・県立武道館)

 

 もう年末に差し掛かって参りました。これからの季節は今まで以上に体調管理が求められる時期になります。

しかし、条件はどこも一緒。上の大会に繋がった生徒は、実戦(大会)を積み重ねて得られる経験は貴重です。

日々の練習もしっかりと目標を立てて努力を積み重ねて欲しいと思います。

 残念ながら、新人大会で実力を発揮しきれなかった生徒は、この時期が大事です。ぬくぬくと温かい季節が来るまで

待っていると、4月のIH予選大会でも悔しい思いをしてしまいます。。

 今回の敗因をしっかりと見つめ直し、日々研鑽していきましょう!

 

<追記> 

 来年度のIHは埼玉県が主幹として行われます。生徒全員がスタッフとして他の都道府県を招く立場なので、「ONE TEAM」で取り組んでもらい、選手としても頑張ってもらいたいと思います。

 

少林寺拳法部 活動報告

2019年度 活動報告(7月現在)
 
4月28日 埼玉県全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技会1次予選(埼玉・小川高校)
       男子組演武  関本圭悟・浅見俊輔
              上原康生・菊地良輝 3位
       女子組演武  田中由衣・大濵涼花 1位
       男子単独演武 深作健太 6位
       男子団体演武
6月 1・2日 関東高等学校少林寺拳法大会(東京・東京武道館)
     9日 埼玉県全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技会2次予選(埼玉・いずみ高校)
       男子組演武  関本圭悟・浅見俊輔
              上原康生・菊地良輝 3位
       女子組演武  田中由衣・大濵涼花 1位
  23日 埼玉県少林寺拳法大会(埼玉・埼玉県立武道館)
       高校生・大学生男子級拳士の部  関本圭悟・浅見俊輔 1位
       高校生・大学生女子級拳士の部  清水里珠・鈴木千晴 1位
7月14日 昇級審査(埼玉・いずみ高校)
                     1級合格・・・10名 6級合格11名
8月 1~4日 全国高等学校総合体育大会(IH) in 宮崎 (KIRISHIMAツワブキ武道館)
8月 6~9日 夏合宿(埼玉・小川高校)3泊4日
  25日 昇級試験及び運用法大会(埼玉・越ケ谷高校)
 
<今後の予定>
・10月 6日 県北大会
・11月10日 富士見市大会
・11月23~24日 新人大会 
 
 
2019年度に突入しました。
小川高校少林寺拳法部は新入部員11人!
みんな初心者からのスタートですが、日頃の努力次第で初心者が全国大会に出場し、
活躍できるのも少林寺拳法の良いところだと思います。
ぜひ、自分でしっかりと目標を立てて、秋の新人大会に向けて良い結果が残せるように頑張って欲しいと思います!
 
今年は3年生の女子組演武にて、IH出場を果たしました。埼玉や関東とは一味も二味も違う雰囲気。
そして、各都道府県の高校生が勝ちたいという気持ちを強く持つが故に生まれる緊張感。
行かなければ分からない環境を体験することができ、選手と同行した2年生には、大きな刺激になったように思います。
 
今年の合宿ではIHで結果を残した選手の研究会を行いました。
この中からまた、IHという大舞台に立つという志(こころざし)を持つ選手が出ることを期待しています。
 
 IH看板  
 

少林寺拳法部 活動報告

2018年度下半期 活動報告

9月30日 昇級審査(埼玉・いずみ高校)
       4級合格…10名     
11月18日 埼玉県高等学校少林寺拳法大会 新人大会(埼玉・岩槻北陵高校)
       男子規定組演武  浅見涼・古川啓志 2位
                関本圭悟・細田啓仁 3位
       男子団体演武            3位

       女子自由組演武  大濵涼花・田中由衣 2位
       女子規定組演武  鈴木千晴・清水里珠 3位

12月23日 関東高等学校少林寺拳法選抜大会(東京武道館)

          男子規定組演武  浅見涼・古川啓志 2位

 1月26日 昇級審査(埼玉・いずみ高校)
       3級合格…10名
 3月23日~25日 全国高等学校少林寺拳法選抜大会(香川・善通寺市民体育館)
       
男子規定組演武  浅見涼・古川啓志 8位
                関本圭悟・細田啓仁 15位
     
       女子自由組演武  大濵涼花・田中由衣 出場
       女子規定組演武  鈴木千晴・清水里珠 出場

 3月31日 昇級審査兼合同練習(埼玉・いずみ高校)
       2級合格…10名

明戸先生からバトンを受け取り、副顧問の内田が今後の更新を行います。拙い文章になるかと思いますが、ご容赦ください。

新人大会では2年生は自分たちがメインとなる大会、1年生は初めての大会で不安や緊張もあり、思ったように力を発揮出来なかった者も多かったように思われます。
それでも、同じ学年の他校の演武は大きな刺激になり、一段と生徒の成長に繋がったかと思います。

小川高校では8人が関東選抜大会へと進み、無事、全国選抜大会への切符も手に入れました。
全国大会では、関東のみならず、他都道府県の演武に更に刺激を受け、具体的な目標が定まって来たように感じます。
全国大会に参加出来なかった仲間にも刺激を伝え合い、春のIH予選に向けて切磋琢磨しています。

少林寺拳法部 活動報告

2018年度上半期 活動報告

4月 2日 昇級審査(埼玉・埼玉県立武道館)
      2級合格…3名
  29日 埼玉県全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技会1次予選(埼玉・小川高校)
       男子組演武  関本真吾・上原康生 6位
       女子組演武  田中由衣・大濵涼花 4位
       女子単独演武 比嘉汐音 1位
6月 9日 関東高等学校少林寺拳法大会(千葉・総合スポーツセンター体育館)
  24日 埼玉県全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技会2次予選(埼玉・いずみ高校)
       女子単独演武 比嘉汐音 3位
7月15日 昇級審査(埼玉・いずみ高校)
      1級合格…3名 6級合格…11名
  29日 埼玉県少林寺拳法大会(埼玉・埼玉県立武道館)
       男女組演武  比嘉汐音 1位
       女子級拳士  田中由衣・大濵涼花 1位
8月17日 夏合宿(埼玉・小川高校)/20日まで、3泊4日
  26日 昇級試験(埼玉・越ケ谷高校)
      5級合格…10名

2018年度に突入しました。
小川高校少林寺拳法部は新入部員10人!
この世代の生徒が高校3年生となったとき、埼玉県にて少林寺拳法インターハイが開催されます。
全員少林寺拳法初心者ではあるものの、みんな熱心に取り組んでくれています。
道着も5月は着られている印象がありましたが、この夏まで修練に励み、
今ではすっかり一人前の選手のように道着に馴染んだ姿となっています。

2年生も初心者3人が無事、1級に合格!
今年の秋には、とうとう初段の試験を迎えます。
すでに大会にも出て、1年生へ教える立場となっている2年生5人。
部活の最中も、後輩に優しく、なおかつしっかりと指導している姿を見ることができます。
教えることによって自分の技術も上がることは非常に多いことです。
自他共楽。自分の力を相手にも役立て、ともに学んでいきましょう。


さて、出会いがあるならば、別れもやってくるものです。
7月を迎え、3年生も引退の時期となりました。
今年度の3年生は男1人、女1人の2人でした。

部長は女の子。
経験者として入部し、段位は高校2年生のとき合格して三段となっていました。
部活でも大きな声を出すとともに、後輩への指導も熱心に行ってくれました。
副部長の男の子は初心者として入部しました。
無事2年の秋、初段に合格し、体力も部内トップクラスでした。

男女ながらも2人で協力し、練習メニューについても相談し合っているなど、
とても大変だったとは思いますが、この1年間本当にしっかりと部活を支えてくれました。
引退した後も埼玉県大会で他の学校の生徒とともに組演武に出場したり
合宿にも顔を出してくれました。
この2人が頑張ってくれたおかげで、小川高校の少林寺拳法部は継続できたところもあると思います。
引退が惜しいと思うほど、尽力してくれた2人でした。


とはいっても、悲しんでいるままではいられません。
合宿には他の卒業した世代の先輩も駆けつけてくれて、指導もしてくれました。
多くの人が、小川高校少林寺拳法部を支えてくれています。
これからも日々修練に励み、満足のいく3年間を過ごせるようがんばりましょう!