お知らせ
学校説明会    入試情報    学校案内

小川高等学校の特徴について

 坂戸市立浅羽野中学校 MMさん 
 小川高校は最寄り駅である。小川町駅からとても近く通いやすいです。周囲には自然があふれているの  でのどかさがあります。結果を出している部活動もあり、学校全体で明るい雰囲気で過ごしやすいです。  自動販売機や購買があるのも高校ならではです。ぜひ小川高校に来てください。

 
熊谷市立江南中学校 OTさん
少林寺拳法部やグローカルメディア研究部などの中学校には無かった部活動があり、新しいことにチャレンジすることができます。また落ち着いた環境で勉強することができます。
 
坂戸中学校 TAさん
小川高校には大きな図書館があり校舎も広くてのびのびとした日々を過ごすことが出来ます。最近トイレを改修工事したばかりなのでとてもきれいです。栄えた所だけじゃなく、ゆっくりとした生活にも目を向けてみてはどうでしょうか。楽しいですよ!
 

嵐山町立菅谷中学校 HKさん 
小川高校は「文武両道」ができる学校です。授業では先生方が分かりやすいように工夫をしてくれます。部活動では多くの部が県大会等で優秀な成績を収めています。他にも小川高校は指定校推薦が多かったり、県立高校では珍しい図書館があります。駅から近く通いやすい学校なのでオススメです。

 
坂戸市立住吉中学校 KKさん 
図書館がとても広く色々な種類の本や漫画があり、落ち着いた環境で勉強ができる学校です。
 

小川町立西中学校 OGさん
小川西中学校でできたことはほぼ全てできます!そして購買で美味しいものが買えたり、たくさんの選択肢の中から部活動を選ぶことが出来たり、出来ることが確実に増えます!特に、県内トップクラスの設備がある軽音楽同好会がおすすめです! 

東松山市立南中学校 TYさん
小川高校は部活動に文化部がたくさんあり兼部もできるのでやりたいことが楽しくできます。私は勉強することは好きではなかったけど、小川高校の先生はとても分かりやすいので、毎日の授業が楽しくなりました。

東松山市立松山中学校 SAさん
小川町駅から徒歩3分ほどで行ける小川高校は、図書館や部活動が充実しています。私は生活美学部に所属しており、お菓子作りやエプロン作りなどをする部活です。それ以外にも軽音楽同好会や少林寺拳法部があります。興味がある方はぜひ入ってみてくださいね!小川高校で待ってます!

鳩山中学校 KMさん
小川高校は他校と比べて駅からかなり近い学校です。さらに図書室ではなく図書館があり、色々なジャンルのたくさんの本が置いてあります。授業では、どの教科も楽しく、実際私は苦手だった社会、英語が好きになり、中学校の頃より点数が上がりました。しっかり学べて行事なども楽しめて充実した高校生活が送れています。

都幾川中学校 NKさん
先生や先輩方がとても優しく、分からないことがあっても優しく教えてくれます。また、学校生活を送る中で、不便だと思ったことがなく勉強にしっかりと取り組めます。部活動では顧問の先生や先輩が優しくとても楽しく過ごせています。

川越市立霞が関西中学校 AHさん
小川高校では緑に溢れた環境の中でのびやかに学校生活を送ることが出来ます。授業での実践的な学習や進路指導を通して一年次から多くの事を学べます。出身中学校には無かった食堂や文化祭などの学校行事も魅力です。

坂戸市立若宮中学校 KSさん
小川高校は駅から近いです。自分はサッカー部なのですが他校に練習試合をしに行くたびに小川高校で良かったと思います。中学校とは違い、売店や自動販売機などがあって便利です。それに加え、小川高校はグラウンドが広いのでサッカー部、ソフトボール、陸上部などに入りたい生徒にとっては嬉しいことだと思います。

ときがわ町立玉川中学校 ANさん
小川町駅から近く通学の際にとても楽です。私の場合バス通学なので停留所もありとても助かります。校舎とは別に図書館があり、自習室もあるので私はテスト期間によく使用しています。設備が整っているので集中して自習が行えます。

花園中学校 YRさん
小川高校はおだやかに過ごせる雰囲気がある高校です。
先生方は生徒の気持ちに寄り添って考えてくれます。生徒たちの自主性を尊重している学校だと思います。

越生中学校 KYさん
小川町駅から近く、駅からおよそ5分で小川高校に着くため通学にとても便利です。
また、図書館には5万9千冊もの本などがあり、学習や読書などに自由に使うことができます。

寄居中学校 TDさん
めずらしい部活動があります。例えば、少林寺拳法部や軽音楽同好会などがあります。教室にプロジェクターがあり先生がまとめた資料を映し出してわかりやすい授業をしてくださいます。

毛呂山中学校 IMさん
小川高校は駅から近くて自然がたくさんあります。図書館には便利な本に加え、雑誌や漫画類もたくさんあり、休み時間も退屈しません。

東松山市立北中学校 AYさん
駅から近く通いやすいです。先生と生徒の距離が近く、気軽に相談できます。自然に囲まれており、空気がおいしいです。

小川町立東中学校 SAさん
小川高校には購買と自動販売機があり、種類が豊富です。部活動の種類が豊富で施設が十分に整っています。耐震工事がされていて安心です。 先生と生徒が親切です

鶴ヶ島西中学校 FAさん
小川町駅から近いです。先生と生徒の仲が良い。知覚に美味しい団子屋さんがある。色々な人と交流ができるので小川学が楽しいです。

東松山市立東中学校 KRさん 
小川高校には松山東中学校にはない良い所がたくさんあります。学校の中に売店や自動販売機があります。また面白い先生や教え方が上手な先生もたくさんいるので楽しく勉強することが出来ます。小川高校に来れば楽しい学校生活が送れるのでぜひきてください!

嵐山町立玉ノ岡中学校 UMさん
小川高校は進路について手厚いサポートがあるため、自分に合った進路が見つかると思います。部活動で私の所属しているソフトテニス部は県大会に行くことができ、また行きたいと思っているのでぜひ入ってもらえると嬉しいです。

毛呂山町立川角中 HRさん
小川高校は学校行事や部活動がとても豊富で充実しています。

鶴ヶ島市立冨士見中学校 AMさん
小川高校には珍しい部活動があります。それは少林寺拳法部です。小川高校は非常に落ち着いている学校だと思います。

寄居町立男衾中学校 KHさん
スマートフォンを授業中に使えない高校は他にもあるのでその理由で小川高校を選ばないことは損していると思います。自然があるので青春を感じます。

欅台中学校 SAさん
駅から近いです。先生が生徒一人一人を見てくれます。校舎がきれいです。

坂戸市立桜中学校 TRさん
先生方が優しくて面白いです。小川町駅から近いし帰りの電車は始発駅なので絶対座れます。図書館が別館でとても大きいです!

東秩父中学校 KYさん
図書館が広く幅広い分野の本が読めます!行事がたくさんあり今年はできなかったけど、体育祭や文化祭等できる範囲で小さな形でも先生方が工夫して楽しませてくださいました。

滑川中学校 CKさん
小川町駅から近いうえに近くにローソンがあります。自然豊かな場所にあります。先生方は優しいです。自動販売機の種類が豊富です。

鶴ヶ島中学校 SIさん
小川町駅から近く、豊かな自然に囲まれていて勉強する環境に恵まれています。駅の近くにローソンもあり、帰りにお腹が空いたら買って帰ることもできます。

吉見中学校 KKさん
小川町駅から近いです。先生は怖いけど、やさしいし面白いです。小川高校に入って毎日楽しいです。中学の時より色々と緩いけど楽しく通えています。私の所属している部活動は今は強くないけど、これから強くなる予定です!!

東松山市立白山中学校 TMさん
小川高校の良いところは先輩や先生方と仲が良い所だと思います。なのでもし小川高校に入ったら充実した学校生活を送れると思います。

川島中学校 IHさん
小川町駅から歩いてすぐのところに学校があります!自然が豊かで最高です。

寄居町立城南中学校 YMさん
小川町駅からすごく近いです! 
 
 
伝統   受け継がれてきた歴史と伝統があります
2018(平成30)年、小川高校は創立90周年を迎えます。
高等女学校時代に植樹された桜やプラタナス、ヒマラヤ杉など多くの樹々が今も校内に残り、歴史を語っています。
 
沿革(概略)
 
大正14年 小川実習女学校として開校。その後、小川実科高等女学校と改称。
昭和 3年 県立移管となり、埼玉県立小川高等女学校と改称。
昭和23年 埼玉県立小川女子高等学校と改称。

昭和24年 埼玉県立小川高等学校と改称。
昭和25年 男女共学制実施、現在に至る。

 
魅力 小川高校には、次のような魅力があります。
 
通学に便利 
小川町駅のホームからも小川高校全体が一望でき、駅から近いため通学にとても便利です。
 
教育方針
学習・部活動・学校行事の三本柱を大切にしたバランスのとれた教育を目指しています。
  
教育環境
学力の向上・充実と進路実現のため、補習・進学補講・受験サプリ講座などを実施。広々とした進路資料室はたくさんの生徒に利用されています。
 
自慢  小川高校生としての自慢であり、誇りです。
 
自然環境
 緑豊かな自然に囲まれ、恵まれた環境の中でのびのびと、そして充実した日々を送ることが出来ます。
 
図書館
 蔵書5万9千冊を誇る県内屈指の図書館は、広々としていて、学習や読書、課題研究に最適です。
図書館(写真)
図書館
進路資料室
進路資料室
校歌
 校歌の一節に、「水のほとりにパスカルを 語る叡智の葦もあり」と歌われています。
『人間は一本の葦に過ぎない。自然のうちで最も弱いものである。だが、それは考える葦である。〈パスカル〉』
 葦は、《考える小川高校生》の象徴でもあります。