サッカー部

活動報告

サッカー部『選手権予選結果』

こんにちは、小川高校サッカー部監督の守田です。

本日は選手権の結果をお伝えします。

 

小川高校 0(0-0)(0-0)(0-0)(0-0)0 新座総合技術高校

※延長戦でも決着がつかなかったため規定によりPK戦。PK2-4にて敗戦。

多くのチャンスをつくり、ボールも握りましたが相手の気迫のこもった守備を崩しきることができませんでした。

悔しい結果ですが相手校の姿勢から多くの学びがありました。

この敗戦から学んだことをリーグ戦でしっかり返していきます。

大会参加に当り、保護者様・学校関係者様・OB、OGの皆様から多くのご支援をいただきました。

選手たちは精一杯戦いましたが監督の力不足で皆様への感謝を結果で返すことができず申し訳ありませんでした。

この場を借りてお礼申し上げます。

引き続き、小川高校サッカー部の応援よろしくお願いいたします。

サッカー部『U18リーグ結果』

こんにちは、小川高校サッカー部監督の守田亮です。

本日はU18リーグの結果をお伝えします。

 

第10節

小川高校 2(1-0)(1-0)0 寄居城北高校

様々な学びがあり実り多き試合となりました。

 

第11節

小川高校 4(1-0)(3-1)1 深谷高校

強い気持ちで臨んだ大一番をチーム一丸となり制することができました。選手たちに感謝です。

 

対戦校、審判の皆様、ありがとうございました。

コロナ渦という難しい状況下で多くのトレーニングマッチを組ませていただきました。試合をしてくださった選手・スタッフの皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

引き続き小川高校サッカー部の応援よろしくお願いいたします。

サッカー部『U18リーグ結果』

こんにちは、小川高校サッカー部監督の守田亮です。

本日はU18リーグの結果をお伝えします。

 

第8節

小川高校 4(2−1)(2−0)1 本庄高校

テンポよくボールを回せ、試合を優位に進めることができました。

 

第9節

小川高校 6(4−0)(2−0)0 北本高校

様々なバリーエーションから得点を奪うことができました。

 

2試合共に、チーム全体で勝利を得ることができました。

暑い日が続きますが、体調を整えチーム一丸となりレベルアップを図っていきます。

対戦校、審判団、会場校の皆さんありがとうございました。

引き続き小川高校サッカー部の応援よろしくお願いいたします。

サッカー部『2年連続北部選抜選出』

 こんにちは、小川高校サッカー部監督の守田亮です。

7月11日(日)SFAグラウンドにて東西南北の選抜選手が試合を行う4地区対抗戦に本校の生徒1名が北部選抜の選手に選出されました。高いレベルで感じたことや学んだことをチームに持ち帰り還元し、自身の成長に繋げることを期待しています。

サッカー部『U18リーグ結果』

こんにちは、小川高校サッカー部の守田亮です。本日はU18リーグの結果をお伝えします。

 

第5節

小川高校 1(0-1)(1-0)1 熊谷農業高校

ラストワンプレーで何とか追いつきました。勝ちきれなかったことは残念でしたが勝負強さは備わってきました。

 

第6節

小川高校 14(5-1)(9-0)1 熊谷商業高校

前節の課題を克服できた試合でした。また、狙った形から得点を奪うことができました。

 

第7節

小川高校 1(0-0)(1-0)0 鴻巣高校

想定外の展開となりましたが、選手が柔軟に対応してくれました。

 

現在4勝3分、暫定ではありますが昇格圏内である2位につけております。

目の前の課題を1つずつクリアしていき、良いサッカーができるよう研鑽を積んでいきます。

対戦校・会場校・審判をしてくださった皆様、ありがとうございました。

引き続き、小川高校サッカー部の応援をよろしくお願いいたします。

サッカー部『インターハイ予選結果~壁を越えるためには~』

こんにちは、小川高校サッカー部です。

5月2・4日にインターハイ予選が行われました。

 

1回戦

小川高校 2(2-1)(0-0)1 桶川高校

 

2回戦

小川高校 0(0-2)(0-1)3 深谷第一高校(シード校)

1回戦は試合が雹や雷雨の影響で40分中断する難しい状況の中、集中を切らさず勝ち切りました。

2回戦は結果内容ともに完敗でした。

現チーム発足以降、ここまで何もできない、させてもらえない試合はありませんでした。

シード校の壁の高さをチーム全体で実感した試合でした。

この負けを通して学んだ自分たちのウイークを克服できるか。

選手・スタッフ一同、逃げずに壁に向き合って越えていく努力をしていきます。

 

対戦校の選手・スタッフ、審判団、会場校の皆さま、ありがとうございました。

ベンチに入れなかったみんなへ。

本部運営、駐車場のコントロール、ボールパーソン、得点掲示、グラウンド整備、スカウティングへ行ってくれた皆さんの協力があったからこそ、桶川高校に勝つことができました。スタッフ・トップチーム一同この場を借りてお礼申し上げます。

引き続き小川高校サッカー部の応援よろしくお願いいたします。

サッカー部『U18リーグ戦結果』

久しぶりの更新となります。

U18リーグSN3戦の結果をお伝えいたします。

 

第1節

小川高校 2-0 秩父農工高校

 

第2節

小川高校 7-0 児玉・児玉白楊高校

 

第3節

小川高校 0ー0 秩父高校

 

第4節

小川高校 1-1 本庄東高校Ⅱ

 

2勝2分と好調を維持しております。

本年度のチーム目標であるSN2(2部)昇格に向け、選手・スタッフ一丸となり努力してまいります。

 

本校では部員の増加に伴い、セカンドチームの活動も積極的に行っております。

セカンドチームはNCL(埼玉North Challenge League)に参加し研鑽を積んでいます。

第1節は深谷高校と対戦し惜しくも敗れましたが期待のできる試合内容でした。

トップチームだけでなくセカンドチームの応援もよろしくお願いいたします。

引き続き小川高校サッカー部の応援よろしくお願いします。

サッカー部『新入生の皆様へ』

新入生の皆さん入学おめでとうございます。サッカー部の監督をしております守田亮(まもりたりょう)と申します。新入生は練習見学のみ受け付けております。見学に来たいという人は、サッカー部監督守田までメールにてご連絡ください。学校生活が始まってからの仮入部期間はあまり長くないので、この春休みを有効活用していただければと思います。連絡お待ちしております。

守田アドレス:mamorita.ryo.48@spec.ed.jp

 

◎活動予定◎
※変更の可能性がありますので、事前に連絡を取るようにしてください。
4月 1日(木)オフ
   2日(金)9:00~11:00 ※見学可能
   3日(土)9:00~11:00 ※見学可能
   4日(日)10:00KO[U18リーグ]※無観客試合のため見学禁止
   5日(月)春季サッカー研修大会@羽生第一G[vs羽生第一・草加西]※見学可能、2ndチームで参加
   6日(火)9:00~11:00 ※見学可能
   7日(水)春季サッカー研修大会@上尾南高校[vs上尾南・春日部東]※見学可能、全部員参加
   8日(木)始業式・入学式

サッカー部『ゆるネタ③~小川高校サッカー部あるある~』

こんにちは、小川高校サッカー部広報担当です。

今回はゆるネタ第3弾『小川高校サッカー部あるある』です!

 

・練習やってて顧問見えたら即挨拶(3年:坂戸ディプロマッツFC)※複数名あり

・練習前に鳥かごをやりがち(3年:深谷・花園中)※複数名あり

・部室がうるさい(3年:FC OWL)※複数名あり

・顧問の車のナンバー覚えがち(笑)(3年:毛呂山パルセイロ)※複数名あり

・グラウンドが使用できないときは、口には出さないけど雨を願う(3年:毛呂山パルセイロ)

・グラウンドから出るとき挨拶をするので体育の授業が終わってグラウンドから出るときに挨拶をしがち(2年:滑川中)

・メニューにフィジカルがある日は選手の顔が暗くなりがち(1年:毛呂山・川角中)

 

部員のリアルな声、いかがだったでしょうか!?

次回のゆるネタもお楽しみに!

サッカー部『ゆるネタ②~小川高校サッカー部について~』

こんにちは、小川高校サッカー部広報担当です。

今回は小川高校サッカー部について部員に聞いてみました。

 

Q1:トレーニングの雰囲気は?

・メリハリがありとても明るい(1年:毛呂山・川角中)

・みんな本気でサッカーに集中している(1年:寄居・城南中)

・個性豊かな選手たちが先輩後輩関係なく、お互い切磋琢磨している雰囲気(3年:毛呂山パルセイロ)

 

Q2:小川高校ならではトレーニングは?

・ヘディング練習が4種類ある(1年:東松山・北中)

・アップでボールタッチなどドリブルや足元を鍛える練習をみっちり行う(1年:毛呂山・川角中)

・ウォーミングアップは小川高校ならではかと(ボールタッチやドリ練)(1年:寄居・城南中)

・走りのメニューが豊富(3年:毛呂山パルセイロ)

※ダイヤモンド走(ダイヤ)・トランプ走・七星・タイヤ・ロープなど・・・フィジカルには小川高校独特のネーミングがついています。どのようなメニューかは入部してからのお楽しみで!

 

Q3:小川高校サッカー部の魅力を教えてください。

・①選手の意見を聴いてくれる、または意見を求めてくれる指導者がいる②怠けているときに喝を入れてくれる指導者が身近にいる③基本グラウンドは空いているので朝練や放課後の自主練など、思う存分練習ができる④先輩後輩の上下関係がいい意味で厳しくない→お互いにリスペクトしあっている⑤雨天などでグラウンドが使えないとき、体育館などでボールを使って練習ができるときがある、体育科の先生方には本当に感謝しています!(3年:毛呂山パルセイロ)

・短時間で強度の高い練習ができる(2年:Y.O.FEZNTS)

・細かく指導してもらえる。外部GKコーチ・フィジカルコーチがいる。先輩が優しい(1年:東松山・北中)

・1年生でもボールを使うことができる(1年:東松山・北中)

・みんな面白い(2年:東松山・南中)

・部員の仲がいいこと、最後まで諦めずに試合に臨むこと(1年:寄居・城南中)

・スケジュールはハードですが、楽しく本気でサッカーに打ち込めてプレイヤーとしても人間としても成長できます。(1年:毛呂山・川角中)

・最後まで戦う(3年:坂戸ディプロマッツFC)

 

Q4:小川高校サッカー部に入部し一番キツかった練習は?

・インターバル走(3年:坂戸ディプロマッツFC)

・ハーフコートの1対1(2年:毛呂山・川角中)

・タイヤロング(3年:毛呂山パルセイロ)

・ダイヤモンド(2年:東松山・南中)

・サーキット(3年:深谷・花園中)

・テスト後の走り(3年:FC OWL)

・雑巾がけ(3年:毛呂山パルセイロ)

 

Q5:入部して成長したことは?

・メンタル!(2年:東松山・南中)

・何事にも動じないメンタル(3年:坂戸ディプロマッツFC)

・厳しい状況への耐性(3年:毛呂山パルセイロ)

・①いろんなことに感謝できるようになった②自律できるようになった③自分で行動して成長できる力が身についた(3年:毛呂山パルセイロ)

・人数が中学より増えたからよりいっそう競うことが多くなったので練習から真面目に取り組むようになった(1年:寄居・城南中)

・ポジショニングにこだわるようになった(1年:東松山・北中)

・人としての礼儀が身についた、真面目になれた、プレー中に声がでるようになった(1年:毛呂山・川角中)

・全然サッカーをやっていなかった自分でも1年半でヘディングが強くなった、声掛けを結構するので視野が広くなった、キック精度が上がった(2年:毛呂山・川角中)

・体力がついたことやランダムドリブルをやったことでドリブルが上手になった(1年:東松山・北中)

・逆境〇が身につきました!笑(3年:FC OWL)

 

 

小川高校サッカー部のリアルな声が聞けたのではないでしょうか!?

フィジカルはやはり辛いです・・・がやりきったあとの達成感は半端ないです!笑

次回もお楽しみに!