サッカー部

サッカー部『秋季大会結果』

こんにちは、小川高校サッカー部監督の守田亮です。

本日は新人戦のシード権を争う秋季大会の結果をお伝えします。

 

11月9日(土)10:00KO@小川高校G

小川高校 0(0-1)(0-1)2 深谷高校

1戦目は県大会常連校の深谷高校。相手を上回るシュートを放つも決定機を決めきれず、深谷高校に少ないチャンスをものにされてしまいました。相手をフロントコートに押し込んでいた後半に点を取れなかったことが勝敗をわけました。

 

11月14日(木)10:00KO@小川高校G

小川高校 1(1-1)(0-3)4 本庄第一高校

得点者:宮﨑壱心[1年:毛呂山パルセイロ]←アシスト:大田康樹[2年:深谷・花園中]

2戦目は昨年度北部新人戦優勝校本庄第一高校。先制されたものの前半36分、宮﨑のシュートで同点に追いつきました。後半もコレクティブな守備から何度もカウンター攻撃を繰り出し決定機を作るも決めきれず、66分以降3点を奪われ敗れました。

 

11月16日(土)10:00Ko@小川高校G

小川高校 1(0-3)(1-1)4 本庄東高校

得点者:大田康樹[2年:深谷・花園中]←アシスト:田中はる[東松山・南中]

最終戦は関東大会埼玉県予選ベスト8の本庄東高校。前半は相手のボール回しに対応できず3失点してしまいましたがハーフタイムに守備を修正し後半はチャンスを作ることができました。また、交代で入ったメンバーが流れを変え、得点を奪うこともできました。

 

3敗という厳しい結果でしたが、部員の日誌にはこの敗戦を糧に『成長したい』、『巧くなりたい』、『新たな目標ができた』という燃えたぎるような熱い気持ちが書かれていました。この大会を通して顔つきや行動に変化が見られる部員が増えてきました。今が成長のチャンス!新人戦が楽しみになってきました。

 

対戦相手の部員・スタッフ・審判員の皆様、ありがとうございました。また、ベンチに入れず悔しい思いをしながらも3日間会場運営をしてくれたベンチ外のメンバーにも感謝です。

応援に来てくださった保護者・関係者の皆様ありがとうございました。引き続き小川高校サッカー部の応援よろしくお願いいたします。