日誌

4月17日(土)3学年保護者対象進路講演会が行われました。

 

 新年度が始まり約10日。3年生にとっては進路決定の重要な年になります。保護者の方々も、ご自分の高校時代とは社会情勢や入試方法も異なるためご心配のことも多いかと思います。そこで保護者の方々を対象とした進路講演会を行い、様々な情報提供を行いました。進路希望は多岐に渡るため、今回は希望分野ごとに講演会を行いました。

 

    進学分野では(株)進路情報ネットワークより講師の先生をお招きして最新情報をお聞きしました。第1部の大学・短大進学に関するお話では、2021年度入試から変更された「総合型選抜(旧AO入試)」「大学入試共通テスト」「一般入試での英語の民間検定試験の活用」「受験生サイトへの登録」などについてお聞きしました。コロナ禍でのオンライン授業の実施状況に関しても情報提供をしていただきました。また第2部の専門学校進学に関するお話では、主に「専門学校と大学・短大との違い」「良質な専門学校選びのポイント」などのお話をお聞きしました。

    保護者の方々に是非とも確認しておいていただきたい学費に関して、「どの時期までにどの程度の金額を準備しておけばよいのか」というお話もしていただきました。さらに講演会後には、日本学生支援機構の奨学金について本校担当教員による説明相談会も行いました。

    就職分野では、地元企業に精通していらっしゃるキャリアサポート・レイの平井昌明氏からお話をお聞きしました。就職試験は9月中旬ですが、就職活動は求人票が公開される7月から本格的に始まります。今の時期から確認しておきたい「高卒就職のメリット」や「高卒就職のルール」などについてお話をしていただきました。

 

    進学分野の第1部と第2部、就職分野と第2部のように、2つの講演会に参加された熱心な保護者の方も多く、我が子の進路に関しての関心の高さが伝わってきました。週明けの19日(月)から生徒面談が始まります。生徒・保護者ともに納得した進路実現となるよう、担任と進路指導部をはじめとする教職員全員で協力していきたいと思います。