日誌

進路希望別講座 第3弾  進学に向けての講演会が行われました

 3月19日(金)の放課後、(株)進路情報ネットワークより講師の先生をお迎えして2学年の進学希望者対象とした進学に向けての講演会が行われました。

 今年度から大学入試制度が変わりましたが、合格を勝ち取るにはまず入試制度を理解することが必須です。そこで大学・短大、専門学校、看護・医療系それぞれの入試の種類や入試開始時期について確認しました。また総合型選抜では学校により、プレゼン型、課題遂行型、適性検査型など様々な形態があり、自分に合った形態が選べます。総合型選抜ではアドミッションポリシーを理解するだけでなく入試に関して情報収集はかなり重要なようです。指定校推薦の落とし穴についてのお話や、学費の納入時期についてもお聞きしました。

 大学共通テストや一般選抜に関しては、受験科目や英語外部試験利用など多岐にわたっているため研究が必要だと感じました。また専門学校か大学か迷っている生徒もいますが、分野によっては専門学校の入試が早めに終わるものもあるようです。

  受験は情報戦でもあります。あと少しで春休みを迎えますが、今日のお話を参考に情報

収集を行い、受験対策に取り組めるとよいです。