日誌

12月22日(火)2学年志望理由書講演会が行われました

    2学年では冬休み前の特別時間割を利用して、集中的に進路学習を進めています。12月18日(金)に行われた体験授業に続き、12月22日(火)には株式会社学研教育みらいより本間裕子氏を講師にお迎えし、遠隔会議システムZoomを使って志望理由書講演会を行いました。

    11月中旬に「志望理由書マスターノート」を配布し、生徒たちはあらかじめ職業的目標や進学先で学びたいことなどを記入して、講演会に向けて準備をしました。しかし2年生のこの時期、具体的に進路希望が定まっていない生徒もおり、やはり難しかったようです。

     講演会では、志望理由書を書くことの意味、志望理由書の構成、書くための準備の仕方、表現表記の注意点などの内容で、具体的な事例をあげてわかりやすく教えていただきました。講演会の中で、志望理由書は準備の良し悪しで8~9割が決まるので、今からじっくりと準備をして欲しいとおっしゃっていました。

    自分について振り返り、希望する職業や学問が社会的課題とどう関わるのかなどについて調べ、進路を真剣に考える冬休み期間になるといいです。