日誌

7月17日(水)1学年進路講演会が行われました。

 パネルディスカッション・オープンキャンパス講演会 

 終業式を前に、1学年生徒を対象に『高校卒業後の進路について理解する』をテーマに、大学、専門学校、就職に関して3名の講師の先生をお招きしてパネルディスカッションが行われました。

 女子栄養大学の上杉先生からは、大学や短大での学びの特徴、学校選びのポイント、入試方法について、ふだんの勉強法などについてお聞きしました。埼玉理容美容専門学校の斎藤先生からお聞きした「専門学校は進学ではあるが職業を選ぶという点では就職である」というお話は、目から鱗でした。また「高校生活で頑張ったことや自慢できることを1つ作ろう」というアドバイスをいただき、参考になりました。さらに学校法人大原学園の嵜原先生からは、民間就職と高卒公務員の採用の違いや特徴、高卒生に求める人物像、今後すべきこととして時間管理と言葉遣いなど、社会人になることを見据えた人間力を身につけるようアドバイスをいただきました

   


 

3名の先生方のお話をお聞きした後、(株)進路情報ネットワークの講師の先生から夏休み課題のオープンキャンパス参加に向けての心構えなどのお話を伺いました。

 1年生からオープンキャンパスに参加する意義、参加する際のポイント、参加前・参加後にすべきことなど、メモを取りながらお聞きしました。

 講演会後、生徒の振り返りシートには、「そもそもオープンキャンパスは学園祭のことだと思っていたけれど違った」「ただ参加するのではなく事前準備や参加した後の振り返りの重要性がわかった」など書かれており、大変参考になりました。