日誌

12月18日(金)2学年進路ガイダンスが行われました。

    小川高校では多様な進路希望に対応し各学年における進路指導に力を入れています。2学年では(株)進路情報ネットワークのご協力により、学期末の特別時間割を利用し、大学、短大、専門学校の先生方を招いて体験授業を行いました。コロナ禍の中、様々な学校行事が中止や延期、代替になっていますが、30校以上の講師の先生方のご協力のおかげで開催できました。

    進学希望者は希望する学部や職業により1人2分野の授業を受けました。「坂本龍馬、幕末を駆ける」「コロナ禍でのメンタルケア」「看護師という仕事を通して働くことを考える」など講義形式の授業のほか、「犬のマジパン細工」「絵本の世界を楽しもう」「子どもの視覚を体験する授業」「肩マッサージ」などの体験型の授業もあり、小型犬や人骨の模型などが登場している教室もありました。

    公務員希望者は、大原学園の講師による公務員模試の振り返り解説を行っていただきました。民間就職希望者は「職種の分類」「就職先の探し方」「仕事を選ぶ基準」などのお話をお聞きし、早めに準備を始める大切さについても学びました。

    自分の進みたい進路に向けて楽しく学び、理解を深める有意義な時間となりました。