定時制日誌

薬物乱用防止教室

7月15日(木)、本校の学校薬剤師さんを講師としてお招きし、薬物乱用防止教室が行われました。

この日は「薬の正しい使い方」と「違法(脱法)薬物」についてご講演いただきました。

医薬品は「医療用(医師から処方されるもの)」と「一般用(自分で選んで買うもの)」の2つがあります。医薬品はいつ・どのくらいの量を使用すればよいか、注意点や副作用などはあるか、など、使用の際に注意する点を学びました。

また、埼玉県内では大麻等に関する検挙数も増加していることも知りました。身の回りに危険な誘惑があるかもしれません。決して他人事と思わず、正しい知識を身につけておきましょう。