その他の行事&教育活動

【2年家庭基礎】赤ちゃん人形抱っこ&妊婦体験をしました

2年家庭基礎では3学期に保育分野を学んでいます。妊娠・出産についてなど一通り学んだあと、全員が疑似体験を行いました。

 

まずは妊婦を疑似体験できるグッズを装着して・・・。

はい!妊婦3人組の出来上がり!

 

 

 

 

 

 

 

むむむ。予想以上に重い!! お腹が重くて歩くだけで体力を消耗する。

お腹が邪魔して階段の上りは足が上げにくい。下りは足元が見えなくて危険。

周りの友だちも、お腹を撫でで気遣います。

 

 

 

 

 

 

 

実際には妊娠することがない男子も妊婦姿に。

 

 

 

 

 

 

 

立っているのも腰が痛いし、座るのも一苦労。

 

 

 

 

 

 

 

靴下や足に手が届かない・・・。これはどうしたらいいのだ⁉

 

次は赤ちゃん人形の抱っこです。

思っていたよりも重い! 頭が重くて、首がグラグラ。落としそうで怖い。

しばらく抱っこしているうちに愛着が湧いてきて・・・。

「見て~。うちの子かわいいでしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

「命を授かっている責任感を感じた」という女子、「将来、父になったら最大限のサポートをしたい」という男子。

「妊娠中も家事も上の子の子育てもしている母の偉大さ」「こんな大変な思いをして生んでくれた母への感謝」を感じるとともに、「妊婦さんや赤ちゃん連れのママを見かけたら何か手助けした」と多くの生徒が感じた様子でした。