日誌

修学旅行事前学習2

修学旅行事前学習2 平和講演会

 

2学年は、令和元(2019)年10月28日(月)~31日(木)まで、沖縄・宮古島へ修学旅行に行きます。

 

9月26日(木)、修学旅行の事前学習として、

丸木美術館(東松山市)の学芸員、岡村幸宣氏による

「沖縄戦をまなぶために」の講演を拝聴しました。

① なぜ沖縄で地上戦があったのか

② 沖縄戦の特徴とは何か                      

③ なぜ、今、70年前の戦争を学ぶのか

 この3点をポイントに、とてもわかりやすくお話してくださいました。

・「十五年戦争」「太平洋戦争」の説明               

・沖縄で地上戦が行われた理由

・ガマの様子

・丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻の原爆の図・沖縄戦の図

・丸木夫妻や他の画家の方々が戦争の絵を描く意味

・目に見える暴力=戦争 目に見えない暴力=差別

・沖縄では「生命は宝」という 生命の大切さ 

 

「沖縄で今までにない体験をして、今までにない世界の見方を身につけてください」

と メッセージをいただきました。

 

生徒たちはとても熱心に耳を傾け、メモをとっていました。

修学旅行実行委員長はお礼のことばの中で

「沖縄に行ったら、今日の講演を思い出して、しっかり体験して考えてみたいと思います」

と感謝を述べました。

 

岡村先生、すばらしい講演をありがとうございました。

 

      

 

沖縄では、平和学習として、ひめゆりの塔・平和の礎・糸数壕を見学する予定です。