ふるさと創生プロジェクト

選手もスタッフも白熱の小川和紙マラソン大会

 平成30年12月9日(日)、第26回小川和紙マラソン大会が開催されました。4000名を超えるエントリーがあり、本校からも陸上部4名と事務部長が参加しまいた。3年生の小岸君が「10km男子40歳以下」の部で堂々の7位に入賞です。
 また、陸上部、剣道部、バレー部、放送部がスタッフとして大活躍しました。

スタート地点は、選手、スタッフ、観客の人波がどこまでも続いています。
沿道には地元の応援団の方が、まさに選手を鼓舞するために太鼓を鳴らし続けていました。

 ゴール地点では、本校の剣道部と陸上部が走行タイムの記録係として配置されています。選手の靴ひもに結んだ電子機器付きタグから、走行に関する情報が、記録証を発行する彼らのもとに送られてきます。

 本部席では放送部が、モニターからの映像をチェックしながら、放送で大会を進行していきます。

 バレー部は、観客の誘導をする会場係をしてくれました。

コースでは寒空の下、デッドヒートが繰り広出られました。

 今回の大会から、初めて、本校放送部がすべての司会進行と実況を担当することになりました。この大役に部員たちの緊張もひとしおです。
 放送席に陣中見舞いに来られた松本町長、小林教育長からも、「初めてとは思えない。前からやっていたみたいだ」とお褒めいただきました。

 今年で、26年目になる小川町最大のイベント「小川和紙マラソン」
 このような催しに準備段階から関われたことで、生徒たちも地域創生やそのための努力や課題について真剣に考えることができました。