図書館より

授業で「ビブリオバトル」に挑戦!

 読書週間に合わせ、図書館と教室を会場に「ビブリオバトル」の授業が展開されました。(国語・一部クラス)

 持ち時間5分で好きな本を紹介し合い、一番読みたくなった本に投票して「チャンプ本」を決める“知的書評ゲーム”。クラス全員参加での実施は本校初めての試みです。

 グループ予選、決勝戦を経て「クラスチャンプ本」を決定! 予選はマンガあり、絵本や写真集までありの自由なゲームでしたが、決勝となると読み応えのある作品が並び、5分では足りない! とばかりの活発なプレゼン合戦となりました。

みんなの前での決勝戦。意外な読書歴と

プレゼンスキルが明らかに?!

バラエティー豊かな紹介本。

(図書館で展示中)

 決勝戦チャンプ本

  ★『人生はワンチャンス!』水野敬也 著

  ★『スラムダンク』井上雄彦 著

  ★『きみの友だち』重松清 著

  ★『必ず出会える! 人生を変える言葉2000』西東社編集部 編

  ★『コミュ障でも5分で増やせる超人脈術』DaiGo 著

  ★『調理科学×肉の事典』朝日新聞出版 編著

 にぎやかなゲームを通して、生徒たちは「話す・聞く」ことの楽しさ、そして「読みたい!」という思いを再発見できたようです。