おがわ学 実践報告

「総合的な探究の時間」中間発表会

「総合的な探究の時間」中間発表会 2021/07/14

 

7月14日(水)1~3限、3年生の「総合的な探究の時間」の中間発表会が行われました。

『1学期に取り組んだこと』をテーマに、個人またはグループで発表を行いました。

全12講座を2つに分け、Aグループは前半に発表、後半は見学・講評を、

Bグループはその逆の順番で活動しました。

生徒たちは緊張しながら、頑張って発表していました。

発表の方法も、スライドを用いたり、実技をしたり、見学者参加型であったりと、

バラエティに富んでいました。

発表だけでなく、見学・講評を通じて、生徒たちは多くのことを学び取ったようです。

期末試験直後で、準備の時間が少ない中での中間発表会でしたが、

この経験を今後の進路や「おがわ学」での取組に活かしていってください。

 

 【数学研究】

「数学をあなたにわかりやすく」

 【くらしと科学】和紙の製作工程を体験。

自作の和綴じの冊子を持って発表。

 【総合社会研究】

「おがわ町巡り旅」旅行企画発表

 【日本文学史研究(古典)】

小川高校と小川町の魅力紹介

 【生活と美術】

「日常生活に於ける色彩の効果とその心理」

発表後に展示された作品に、興味津々な生徒たち 

 【グローカルイングリッシュB】 

"We should not use plastic products any more."

見学者参加型の発表で、視察にいらした方や英語の先生も参加してくださいました。

 【OGAWA健康・スポーツ学】

スポーツのルール作りに取り組んだ中で使用した“フリスビー”を実演しながら発表。

 【日本文化史研究(近現代)】

「これから検討したい小川町の問題点について」

【いろいろな数学】

「自分の考えを論理的に相手に伝える 」

数学を利用した課題解決方法を、見学者も一緒に考えました。

 【総合歴史研究①】

「小川町で考える総合歴史研究」

 【総合歴史研究②】

発表だけでなく、全体の進行も生徒が行いました。

 【グローカルイングリッシュA】

「小川町を英語で紹介」

 【町に届ける演奏会】

「町のために音楽でできること」

作曲・演奏・録音した曲も流されました。