Q&A

小川高校 Q&A

 

良くある質問をまとめました。詳細は、ホームページ、学校案内をご覧いただくか、学校説明会等で確認して下さい。

 

【教務・全般】

Q.小川高校と近隣の高校との違いは何ですか?

A.一番学びやすく進路対応に幅のある普通科であること、そして、SDGsに記載されている男女平等の基本である男女共学校です。また、93年の伝統がある伝統校です。

 

Q.小川高校の特徴は何ですか? 

A.普通科、男女共学校で、進学選抜クラスを設定しています。また、伝統校で有り、教育の情報化推進、おがわ学等多彩な取り組みをしています。県立では珍しい独立型図書館の存在も有名です。

 

Q.他の学校と比べて良い点は何ですか?

A.普通科であるため進路に柔軟に対応出来ます。高校入学後1年生で文理の選択を決めなければなりませんが、細かな類型・コースを決めたりしないので、その後進路希望が変わったときなどに幅が持てます。

 

Q.普通クラスと進学選抜クラスの違いは何ですか?           

A.進学選抜クラスは、入学当初より進学を意識した生徒のために、より学習に力を入れたクラスです。授業時数は同じですが、より中身の濃い授業やスタートセミナー、サマーセミナー等課外活動での取り組みが多彩です。

 

Q.定期考査は何回ありますか?

A.定期考査は年間5回あります。2学期制だと年間4回の試験となり、試験範囲も長くなり1回のウエイトが大きくなりますが、3学期制ですので余裕を持って試験に取り組めます。

 

Q.土曜授業を行っていますか?

A.小川高校では、土曜授業は行っていませんが、週1度7時間目の授業があります。

  土曜日は、部活動や各自の活動にあてて貰う代わりに、週1度の7時間授業で授業確保をしています。時間が有効的に使える上、授業も確保できると好評です。

 

Q.進学選抜クラスに入ろうか迷っています。

A.高校入学の段階で大学・短大・医療系等の進学を考えているなら進学選抜クラスがお勧めです。学校説明会・個別相談回答でも詳しく説明できますのでご相談下さい。

 

Q.高1→高2、高2→高3で進学選抜クラスに途中から入ることはできますか?

A.人数に余裕があれば可能ですが、入学後の学習成績等により希望の通らないこともあります。

 

Q.文系と理系は高2→高3でも変えられますか?

A.進学選抜クラス文系から進学選抜クラス理系は変更できません。その他は可能ですが、履修科目等の関係でお勧めしません。

 

Q.クロームブックを導入していると聞いたのですが、個人購入ですか?

A.個人負担で購入して貰っていますが、学校で一括注文します。これまでも電子辞書を購入して使っている生徒が多かったのですが、それに変わる物として、クロームブック導入により授業中や課外活動においても双方向な利用が可能となり、たいへん役立っています。

 

Q.修学旅行はどんなところに行くのですか?

A.入学前に実施するアンケートも参考にしていますが、ここのところ沖縄県に行っています。

 

Q.おがわ学って何ですか?

A.「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」(地域魅力化型)として文部科学省から指定をうけた学習プロジェクトです。「おがわ学」は、生徒が小川町の文化や歴史、産業等について理解を深め、地域活動への参画や地域課題の解決に取り組む学びであり、総合的な探究の時間や各教科の中で横断的に活用していきます。

 こうした取り組みを通して自ら考え学ぶ力の育成に役立てます。

 

【特活】

Q.部活は全員加入ですか?        

A.1年生は全員加入となっています。2、3年生になっても高い加入率を維持しています。

 

Q.小川高校にはどんな部活がありますか?           

A.運動部12、文化部18の合計30の部活があります。中でも少林寺拳法部、グローカルメディア研究部は、全国大会の常連となっています。

 

Q.課外活動(行事)はどんなものがありますか?

A.遠足、体育祭、球技大会(7月、12月)、葦火祭(文化祭)、芸術鑑賞会(3年に1度)、予餞会、修学旅行(2年)等を実施しています。

 

【生徒指導】

Q.バイトはできますか?            

A.原則禁止となっていますが、経済的な理由等がある場合は入学後ご相談ください。

 

Q.スマホは使えますか?            

A.朝の会から帰りの会までロッカーにしまうことになっています。

 

Q.なぜスマホが使えないのですか?        

A.休憩時間等にスマホに没頭し、授業の準備や切り替えがおろそかになっていたからです。

スマホをロッカーにしまうようになり、授業での集中力が増したり、友人との会話も増えたとうメリットも生まれました。

 

Q.校則は、どうなっていますか?           

A.「校則は、」と、一言では説明できませんが、県立高校では標準的な校則であると思います。

具体的なことがあれば、学校説明会等で質問してください。

 

【進路】

 Q.進学・就職の進路別の割合を教えてください。

A.年によって変動しますが、おおむね、四大・短大40%、専門学校40%、就職・その他20%となっています。