ふるさと創生プロジェクト

2018年11月の記事一覧

小川高校生、和紙普及活動に協力

平成30年11月24日(土)、25日(日)、埼玉伝統工芸会館にて小川町主催による「小川和紙フェスティバル」が開催されました。今年で第3回となるこの祭典に、本年から本校書道部も参加して、小川和紙の普及に貢献しています。

会場には多くのお客様が足を運ばれました。本校書道部も専用のブースをいただき、早速準備に入ります。

会場の中はこのような感じです。
国産の楮100%で作られた和紙だけが細川紙と呼ばれます。

今回は撮影禁止のため写真を掲載することができませんが、和紙ファイバー・アート創作家であり厚生労働省から「卓越した技能者」と認定されている画工、渡会不二男さんの作品展も無料公開されていました。

本校のブースにも書道に興味のある方々が多く来場し、生徒の腕前を称賛してくださいました。

証書や絵画、小物やアクセサリーなど、様々な可能性を秘めた小川和紙。生徒も小川町が誇る伝統工芸の普及活動の一端を担えたことに、大きな達成感を味わうことができました。